HOW TO

すき家モバイルオーダーをやってみた!使い方やメリットを全て解説

投稿日:2019年9月2日 更新日:

こんにちは、Isajiです。

すき家には「モバイルオーダー」というシステムがあります。2019年7月5日から開始しました。

牛丼チェーン店「すき家」では、7月5日(金)より一部店舗をのぞく全国の店舗で「モバイルオーダー」サービスを開始します。

引用元:すき家/すき家で「モバイルオーダー」サービススタート

そこで、新しいもの好きな私も早速体験してきましたよ。

それでその時食べたのがコレ↓。

低糖質メニューの「とりそぼろ丼」です。

実はこのメニュー、いつも見ているメニュー表では気付かなかったのですが、今回モバイルオーダーを試す時に、スマホのメニュー表に出ていたので初めて食べてみました。

ということで今回は、私が実際にすき家のモバイルオーダーを体験してきたので、その使い方をしっかりと解説していきたいと思います。

さらに合わせて、実体験から感じたメリットとデメリットについてもお伝えしていきますよ。

では早速見ていきましょうね。

スポンサーリンク

すき家のモバイルオーダーの使い方を全て見せます

すき家のモバイルオーダーは専用のアプリを使う方法です。

ということで、先ずは次のところからアプリをインストールしましょう。

すき家 公式アプリ

すき家 公式アプリ
開発元:ZENSHO CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

会員登録やメールアドレスの設定などは不要で、インストールするだけで使えて楽ですよ。

では準備ができたところで早速注文を決めていきましょう。

スマホアプリで注文を決める

注文を決めるのは、

  1. 「注文する」をタップ
  2. 注文を決める
  3. 「トレイに乗せる」をタップ
  4. 支払い方法を設定する(初回のみ)

以上の4ステップだけです。

ではこれらを、画像を交えて解説していきますね。

「注文する」をタップ

アプリを開くと先ずは「注文する」をタップします。

注文を決める

すると次のような画面になります。

ここでは、

  • お店で食べる場合→「店内」
  • 持ち帰り/ドライブスルー→「お持帰り」

をそれぞれ選んでください。

そしてメニューの中から注文を決めます。

今回私は「こだわり丼 低糖質」メニューの中から「とりそぼろ丼」を選んでみました。

ダイエット中の方にはうれしいメニューですね。

メインメニューを決めると、オプションを選んだり変更したりすることができます。

「トレイに乗せる」をタップ

注文が決まったら、画面一番下の「トレイに乗せる」をタップします。

これで注文選びは終わりました。

あとは支払い方法の登録だけですよ。

支払い方法を設定する(初回のみ)

「トレイに乗せる」をタップするとこんな↓画面になります。

ここで「お支払方法の設定」をタップしましょう。すると次の画面になります。

ここではクレジットカードを登録します。

なお、CooCaカードで支払う場合はそちらの登録をしましょう。

以下はクレジットカードの登録方法になります。

「クレジットカード登録」をタップすると上の画面になります。

ここでカード番号を登録するのですが、これには次の2通りのやり方があります。

  • 直接入力する
  • スマホカメラでカードをスキャンする

私は「新しいカードをスキャン」でやりました。いちいち数字を入力しなくても、カメラでカードを写すだけでアッと言う間に数字が表示されて便利でした。

そして、「有効期限」と「セキュリティコード」を入力し、「この内容で登録」をタップしますね。

すると次の画面に切り換わりますが、ここからがちょっと面喰いました・・・。

3Dセキュア認証というシステムを使って本人確認が行われるんです。

初めて見たので最初は焦りましたが、パスワードを入力するだけですので安心してくださいネ。

ワンポイントアドバイス

カードの暗証番号ではく「パスワード」ですので間違えないようにしましょう。

普段のカード払いで入力が求められるのは暗証番号ですが、ここではパスワードを使いますので注意が必要ですね。

なお、上の画面はカード会社によって異なります。

以上でお店に行くまでにやっておくことは終わりですよ。

では続いて、

  1. お店で食べる場合
  2. 持ち帰りの場合
  3. ドライブスルーの場合

について手順を解説していきますね。

スポンサーリンク

お店で食べる場合

店内の各座席には下のようにQRコードが貼られています。

これをスマホで読み取ると同時に、注文と支払いが完了する仕組みになっているんですね。

QRコードを読み取る時は下の画像の「QRコードを読み取る」をタップしましょう。

するとこんな↓感じで読み取ることができますよ。

そして読み取りが成功したらこうなります↓。

以上が店内で食べる場合の手順になります。

次に持ち帰りの場合を見てみましょう。

スポンサーリンク

持ち帰りの場合

持ち帰りの場合のQRコードは、支払いレジの近くにあると思います。

私が行くお店ではこの↓ように、セルフレジに貼ってありました。

画像ではちょっと見にくいですが「TO」と書かれています。お店の人に確認したところ「テイクアウト」の略だそうです。

ですからこの「TO」が目印になると思いますよ。

続いてドライブスルーの場合を見てみましょう。

スポンサーリンク

ドライブスルーの場合

ドライブスルーでもモバイルオーダーが使えますよ。

先ずはQRコードの位置をご覧ください。

DSC_0022

こちらには画像に示したように「DT」と書かれています。つまり「ドライブスルー」の頭文字ですね。

店員さんに注文を伝えるマイクの部分に貼られているので、すぐにわかりますよ。

なお、今回の上の画像はドライブスルーをやっているお店を2軒まわってやっと見付けました (^-^;

すき家の問い合わせ窓口で確認したところ、

店員さん
店員さん
ドライブスルーがあってもモバイルオーダーには対応していないお店もあります。

ということでしたので注意してくださいね。

以上がすき家のモバイルオーダーのやり方になります。

ここまで見てきて一見、便利に思えるスマホでのオーダーシステムですが、メリットとデメリットがあります。

ですから実際には、その両方をしっかりと理解した上で使った方が良いと思うんですね。

そこでここからは、今回私が実際に体験してみて感じたメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

メリットは?

クーポンが自動で適用される

このシステムでは、一番お得なクーポンが自動的に適用されます。

詳細は以下で確認できますよ。

アプリ内の会計画面には、LINEやモバイルメールで配信している電子クーポンや、Sukipassの中から、一番お得なクーポンを自動で適用するサービス機能を搭載しています。

引用元:すき家/すき家で「モバイルオーダー」サービススタート

今回は使えるクーポンがなかったので試せませんでしたが、クーポンが配信された時にどうなるのか、実際にやってみたいと思います。

注文履歴が確認できる

このアプリでは、過去の注文履歴を確認することができます。

これはダイエットに日頃から気を付けている私としては、とってもありがたいと思いました。

早速確認方法を、画像を使って説明していきますね。

アプリのトップ画面右下にある「マイページ」をタップすると下のような画面になります。

そして、「注文履歴」をタップするとこの↓画面で確認することができます。

前回食べたメニューだけではなく、いつ食べたかもわかるので食事管理もできてとっても助かりますね。

入店から退店までがスムーズ

今回一番、

Isaji
Isaji

これは良いや ♪

って思ったのが、入退店がスムーズってことなんですよ。

外食で一番時間がかかるのは注文選びと会計ではないでしょうか?

しかしこのシステムを使えば注文は前もって決めておけるし、会計も注文と同時に済んでしまうので、レジに並ばなくても良い。

これってお店側にも注文取りと会計作業の時間がなくなって作業効率がグンと良くなると思いますね。

これによって、

  1. 人件費の削減
  2. その分商品価格が安くなる

って感じで我々消費者にもさらにメリットが高まりそうですね。

こうして見ると良いことばかりのようですが、ちょっと残念な部分もありました。

ということで次にデメリットも見ておきましょうね。

デメリットは?

支払いに現金や電子マネーが使えない

先ほど見てもらいましたが支払いには、現金や電子マネーが使えません。

つまり、クレジットカードを用意しないといけないんですよね・・・。

ですから日頃、現金を使っている方には敷居が高いかもしれません。

それと私のように、日頃電子マネーを使ってポイントを貯めている方にも残念なシステムかもしれないですね。

ですがこれは今後、変更されるかもしれないので期待して待ちましょう。

支払い方法の設定にパスワードが必要

モバイルオーダーでは支払い方法の設定で、クレジットカードのパスワード入力が必要です。
これは意外と焦りました。

普段たま~に「暗証番号」の入力を求められることはありますが、「パスワード」は使ったことがなかったんですよ。

ですから、すき家のモバイルオーダーを使ってみたいって場合は、クレジットカードのパスワードを予め確認しておくと良いでしょう。

共通ポイントが使えない

すき家のモバイルオーダーでは、dポイント、楽天ポイント、Pontaポイントが使えません。
すき家の店頭での支払いの場合、上の3種類の共通ポイントが使えます。

しかし、モバイルオーダーでは残念ながら使えないんですよね。

これも今後の対応に期待しましょう。

食い逃げに見える

このシステムでは最後にお金を払わないので、他のお客さんからは、食い逃げに見えるということはあるかもしれないですね (^-^;

と言っても、モバイルオーダーが浸透していけば、普通の光景になっていくのでしょうが。

では最後に全体の要点を確認し、この記事を終わりにしたいと思います。

まとめ

今回体験してみて私が一番感じたのは、自宅や外出先で予め注文を決められるので、入退店がとってもスムーズってことですね。

外食ではいつも注文に時間がかかるタイプなので。

ではまとめをご覧ください。

  1. すき家のモバイルオーダーは入店前に注文を決めることができるシステム
  2. 入店すると、注文手続きと同時に支払いも完了する
  3. 持ち帰りやドライブスルーでも使える
  4. 過去の注文履歴が確認できる
  5. 支払い方法はクレジットカードのみ
  6. クレジットカードの登録にパスワードが必要

クレジットカードを持っている場合は、一度試してみることをおすすめします。

このスムーズさをぜひ実感してみてください。

すき家に関するその他の記事もありますよ。

すき家のセルフレジを体験!使い方からお得になる情報まで大特集

今回はすき家のセミセルフレジの特集です。支払い方法別のレジの使い方を解説しています。また、支払を安くするお得情報も集めてみました。

すき家の支払い方法!クレジットカードとのお得な組み合わせを紹介!

すき家での支払いってクレジットカードは使えるのでしょうか?そんな疑問にきっちりとお答えします!また、クレジットカード以外にも電子マネーは使えるのかや、よりお得な支払い方法などについてもお伝えしますよ。ぜひご覧ください。

今回は以上となります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

-HOW TO
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ記事(一部広告を含む)

プロフィール

         Isaji

信長で有名(?)な岐阜市の病院に勤務するアラフィフです。 元々は国税専門官なんていうお堅い仕事をしていたこともあります。

時代劇が大好きです。

また、’08年と’10年 にNHKワンポイント介護という番組に15回出演させて貰いました。

毎日を少しでもお得に、そして楽しく過ごすための情報を求めて街を探索することが、休日の日課になっています (^^)v

 

割引クーポンアプリを大特集!支払がグッと安くなるおすすめ8選

マクドナルド/丸亀製麺/吉野家/かっぱ寿司

セルフレジの使い方!イオンなど7選の記事まとめ

ゲオのセルフレジ/イオンのセルフレジ/ファミマのセルフレジほか

ゲオについての情報アレコレまとめ【11記事】

商品の借り方/支払い方法/セルフレジの使い方/返却方法/ゆっくり返却ほか

高校野球を10倍楽しむための記事まとめ!【16記事】

甲子園観戦持ち物リスト/高校野球と坊主/タイブレーク制/甲子園のプラカードガール

相撲に関する情報記事まとめ【9記事】

相撲の呼び出し/土俵雑学/行司の掛け声/手刀の意味/まわしの締め方

クリスマスやサンタクロースについての記事まとめ【10記事】

クリスマスに七面鳥の由来/日本のクリスマスの歴史/クリスマスツリーの由来/サンタクロースの本名