HOW TO

丸亀製麺のわかめうどんを大特集!カロリーからトッピングまで全解説

投稿日:2020年11月23日 更新日:

こんにちは、Isajiです。

ここ最近、週末になると丸亀製麺にせっせと通っています。ヘビーユーザーって感じですね (^^)/

今回食べてきたのはこちら↓

そう、わかめうどんなんです。

たまには、あっさりしたものを食べてみようと思いまして。

注文口に並んでいる時、あまり注文する声が聞かれない感じなので、「人気ないのかなぁ?」と思って注文してみました。

ということで今回の記事では、丸亀製麺のわかめうどんをご紹介していきます。

そうそうその前に、丸亀製麺での注文が初めてだという方のために、注文の流れがわかる記事もありますので、心配な方はそちらもぜひご覧くださいね。

丸亀製麺の注文の流れって?初めてでも安心でお得な情報を教えるよ

うどんチェーン店として有名な丸亀製麺ですが、セルフ式ってことで、初めて行く人にはちょっと不安なこともありますよね。そこで今回は、実際に私が来店した時の動画を交えて、丸亀製麺での注文の流れをご紹介しますよ。

それでは本文を見ていきましょう。

スポンサーリンク

丸亀製麺のわかめうどんを徹底レビュー

サイズ別の値段とカロリーをご紹介

丸亀製麺にメールで確認した、サイズ別の値段とカロリーを一覧表にしてみましたので、先ずはそちらからご覧ください(2020年12月現在)

サイズ 値段(税込) カロリー
370円 309キロカロリー
480円 446キロカロリー
590円 604キロカロリー

丸亀製麺のメニューの中では、値段も安い方ですし、カロリーも少なめでヘルシーって感じすね。

丸亀製麺の最新メニューは、専用アプリでも見ることができます。気になる方は下の記事がおすすめですよ。

丸亀製麺アプリの魅力と使い方!メイン機能から機種変更への対応まで

丸亀製麺のアプリでできることを全網羅!基本的な使い方から機種変更した時のデータ引継ぎ方法まですべて解説しています。丸亀製麺をもっとお得に使いたい方必見ですよ。

一方、わかめの産地も気になったので調べてみました。

丸亀製麺の公式ページによると、中国産だそうです。

中国産のわかめは、初めて食べたのですが結構美味しいんですね (*^^)v

ということで続いて、実際に食べてみた感想をレビューしていきますね。

スポンサーリンク

実際に食べてみた感想

最初に重要なことをお伝えしますね。

わかめうどんを注文すると、汁なしで出てきます。

支払いが終わった後、下の画像のような出汁サーバーで出汁を自分で注ぎましょう。

食べてみて最初に感じたのは、

Isaji
Isaji
わかめがしっかりしていて、噛み応えがある!

ってことなんです。

感じ方は人それぞれだと思いますが、私は正直、もっとペラペラのわかめだと思っていました。ですが、意外と分厚いんですよね。

あとは、そうですねぇ~、わかめ自体には味付けがされていなくて、しかも出汁もうすめなので少々物足りなさを感じるかもしれません。

そんな時は、テーブルにある一味や七味を入れると良いですよ。

また具材もわかめだけで、至ってシンプルなので、この後お伝えするトッピングをのせて食べると、更においしくなりますよ。

ところで、ネット上の評判はどうなのでしょう?

ちょっと気になったので、サクサクっと調べてみました。

Twitterでご紹介しておきますね。

なるほど、シンプルなメニューなので、麺と出汁のうまみをじっくりと味わいたい方におすすめですね。

それでは次に、実際にやってみておいしかった、おすすめのトッピングをご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのトッピング

わかめうどんが、シンプルなメニューなのでトッピングもやはりシンプルが似合いますね。

ってことで私は「天かす」と「ネギ」をおすすめします。

どちらも入れ放題で、用意されている場所に小皿もありますので、上の画像のように、好きなだけ入れてこれるところが嬉しいですね。

そして、こんな感じ↓でたっぷりと入れると、ボリュームもアップしますよ (^^♪

天かすもネギも麺とよくからめて食べると、とってもおいしいんですよね!ぜひおためしください。

そうそう、丸亀製麺のトッピングとして、ネギは入れ放題なことで人気ですが、そのネギを特集した記事もぜひご覧ください。

特に、実際に私がためしてみて大満足したアレンジメニューは必見です!

丸亀製麺はネギ入れ放題で大満足!基本もアレンジ法も知っちゃって

今回は丸亀製麺のネギに大注目しました!入れ放題が本当にOKなのかや、持ち帰りの仕方、産地、さらには、実際に私がためした、おすすめのアレンジメニューを3つもお伝えしますよ。

では最後になりますが、全体の要点をまとめておきましょう。

まとめ

具がわかめだけという、とってもシンプルなメニューですが、たまには良いものですね。

わかめも、十分味わって食べられるだけの量を入れてくれますし、大満足でした。

ではまとめです。

  1. 丸亀製麺のわかめうどんには、「並(税込370円)」「大(税込480円)」「得(税込590円」の3種類がある
  2. さっぱりしていておいしいが、もの足りない場合は、一味や七味がおすすめ
  3. トッピングはシンプルに「天かす」と「ネギ」がおすすめ

店舗によっては、わかめうどんに生玉子が入った「月見わかめうどん」というメニューもあるみたいです。

次回、生玉子(税込70円)をトッピングして、ためしてみようと思います。楽しみぃ~。

今回は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-HOW TO
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ記事(一部広告を含む)

プロフィール

         Isaji

信長で有名(?)な岐阜市の病院に勤務するアラフィフです。 元々は国税専門官なんていうお堅い仕事をしていたこともあります。

時代劇が大好きです。

また、’08年と’10年 にNHKワンポイント介護という番組に15回出演させて貰いました。

毎日を少しでもお得に、そして楽しく過ごすための情報を求めて街を探索することが、休日の日課になっています (^^)v

 

割引クーポンアプリを大特集!支払がグッと安くなるおすすめ8選

マクドナルド/丸亀製麺/吉野家/かっぱ寿司

セルフレジの使い方!イオンなど7選の記事まとめ

ゲオのセルフレジ/イオンのセルフレジ/ファミマのセルフレジほか

ゲオについての情報アレコレまとめ【11記事】

商品の借り方/支払い方法/セルフレジの使い方/返却方法/ゆっくり返却ほか

高校野球を10倍楽しむための記事まとめ!【16記事】

甲子園観戦持ち物リスト/高校野球と坊主/タイブレーク制/甲子園のプラカードガール

相撲に関する情報記事まとめ【9記事】

相撲の呼び出し/土俵雑学/行司の掛け声/手刀の意味/まわしの締め方

クリスマスやサンタクロースについての記事まとめ【10記事】

クリスマスに七面鳥の由来/日本のクリスマスの歴史/クリスマスツリーの由来/サンタクロースの本名